ビバ!ミア・びぃた

心にぐっとくる言葉・名言・作品・時々旅行とか色々

マラケシュ・ジャマ・エル・フナ広場とスークの楽しみ方

calendar

reload

マラケシュ・ジャマ・エル・フナ広場とスークの楽しみ方

ブログを引っ越してきて記事を書き直しています。

このモロッコの情報は2012年のものなので少し古いです。料金設定や休館日がずれているかもしれませんがご了承ください。

スポンサーリンク

マラケシュ

モロッコと言えばマラケシュ!買い物三昧!!食べ三昧!!ではないでしょうか。

マラケシュの旧市街メディナは世界遺産にも登録されています。

サハラ砂漠のツアーも多く出ているので、マラケシュに滞在する人は多いと思います。

マラケシュ駅からジャマ・エル・フナ広場まで

マラケシュの町は旧市街、新市街に分かれていて、どちらに行くにも駅からは少し離れているのでバスかタクシーを使います。

私はメディナ(旧市街)のフナ広場の近くに友人がホテルを予約してくれていて、そこで落ち合う予定だったのでバスで行きました。

海外でいつも悩むのはバス。

今回も例外ではなく、バスの乗り場が分からずかなりウロウロうろたえました。

例によってうろたえた私は余裕がなく写真を撮っていない。

駅前にあるって聞いたんですが、ない。歩いてるとバス停らしきものはいくつかある。

乗り場を探すこと20分。その間、どちらの方向に行くのかもわからず聞きまくりました。

みんな違うことを言う・・・。

やっと乗れたけど、どこで降りるんだ?

近くのお兄さんに聞くと「まだまだだ」みたいな事言ってる。

このお兄さんが先に降りてしまったら、どうすりゃいいんだ!!と心配しつつ。

大丈夫でした。お兄さん、同じところで降りました!

「ここ、ここ。」って教えてくれて、降りてからも道を説明してくれました!!

何だかみんな優しくて、涙が出ちゃう。だって女の子だもん。

タクシーもそんなに高くないので、タクシーでも良かったかもしれない。

マラケシュのメディナ(旧市街)

着いた翌日からサハラ砂漠ツアーに参加したんですが、帰ってきてから2日間ほどマラケシュを楽しみました。

ジャマア・エル・フナ広場を中心にスーク(市場)への道が何本も広がっています。

夕方になるとフナ広場にはたくさんの屋台がでます。 

マラケシュ2

これはクトゥビア・モスク。着いた初日にスーパーへ行こうと大通りへ出たらどんと構えてました。

中には入れないんですが、夜にはライトアップするんだそう。それはちょっと見たかったかな。

スーパーは19時か20時くらいまでやってます。ただ、お酒を買うのは17時までだったと記憶してます。

スーパーの中でお酒売り場は隔離されていて、時間になったら扉が閉まってしまいます。

ジャマア・エル・フナフナ広場

マラケシュフナ広場1

夕方になると屋台が立ち並びます。とにかく様々。

「写真良い?」と聞いたら快くポーズをしてくれた少年。CD屋さんで、ノリノリな音楽がガンガンかかってました。

マラケシュフナ広場2

オレンジが有名ですごい数のオレンジジュース屋が出てます。

本当にたくさん出てて飲み比べてみたんですよ。

味は微妙に違いました。

翌日。飲み過ぎて次の日お腹壊しました!!そのくらいおいしいんです。飲めちゃうんです。

マラケシュフナ広場3

マラケシュフナ広場4

羊肉と有名な羊の脳みそです。パンと一緒に食べます。

モロッコ好きな友人が、モロッコに行ったら絶対食べて!と言っていたので食べてみました。

私はゲテモノ食いなので平気ですが、現地集合した友人は見た目でダメだったみたいです。

味付けがしっかりしてあるので臭みはほとんど感じませんでした。

白子の味が濃くなったような感じです。

マラケシュフナ広場5

スープ屋めぐりしました。

モロッコ行ったら絶対食べて!めちゃくちゃお勧め。

マラケシュフナ広場6

お店によって味は違うんですが、トマトベースで美味しいです。

色々なメニューがあるお店もあれば、スープだけ、お肉だけ。というようなお店もあります。

1件1件行ってコース料理にしてみました。

全体的に結構味濃いめなんですが、本当何を食べてもおいしいです。味濃いめですが。

これはオレンジジュース飲みたくなってしまうのが分かります。

ハマム

マラケシュフナ広場7

せっかくだからハマムに行こう。という事になりました。

ここはフナ広場から道を1本入って2~3分のところにあるハマム。

外国の人が多かったので、観光向けかもしれません。

地球の歩き方にはハマム情報がなく、ホテルで一緒になった日本人の女の子が持ってたarucoだったか、ことりっぷだったかに載ってた場所。

サウナやマッサージは好きですが、ハマムは忘れられません。日本にももっとあったらよいのに。

コースがいくつかあるみたいなんですが、英語ができる子が全部やってくれました。

紙パンツに着替えて蒸した場所に置かれます。20分くらい。

その後、別の部屋に移動してベッドに寝かせられます。

そして体を洗われます。(女の人でした)くすぐったい。泡を流すときは水をザッパ~ンとかけられます。

もうね、笑わずにはいられない。私はそんなことなかったんですが、隣を見たら友人がガシガシ顔を洗われてました。

その後また別のベッドへ。今度はマッサージ(垢すり?)。

これが最高だった。うまい人だったのかもしれないけど。凝りがほぐれて仕方なかった。

モロッコへ行ったらまた行きたい場所です。

スーク(市場)

バブーシュやカバンなど革製品もかわいいです。

マラケシュ スーク2

写真は明るく撮っていますが、奥の方に進むと暗くなっていきます。

怖いという事はなかったんですが、スリには気を付けた方が良いかも。

マラケシュ スーク1

迷子になるとは聞きますが、本当に迷子になるとは思いませんでした。

もうどこにいるのか分からなくなってる写真。

道を聞いた中学生くらいの男の子たちに、マネーと言われ、「へ?道教えただけで?」と、ちょっとイラッとして払わなかったんです。

子どもだし。と思って見下しました。追いかけられました。逃げ込みました。

マラケシュ スーク3

逃げ込みさき。間違えた~~!!

おじさんたちに聞いたら、払うのは当たり前だよって、その子たちに払ってくれました。

ちょっとでも何かをしてもらったら払う!そういう文化なんですね。おじさん優しい。

ここは2階に上がれるようになっていて、ミントティーで休憩。

マラケシュ スーク4

フナ広場のオレンジジュースも美味しいですが、モロッコはミントティーも有名です。

どこで飲んでも美味しかった。

日本に帰ってきてからまねしようと思ったんですが、日本ではミントが高いんだなぁ。

 

旧市街(メディナ)だけでも楽しめます。食べ物や買い物には困りません。

夕方のジャマ・エル・フナ広場では演奏やジャグリングなどもやってて、それもまた楽しめます。

食べ物屋さんの呼び込みが多くてちょっと疲れてしまいますが、それも楽しんだら良いんだ。

私はハイタッチを求め、ハイタッチをすると同時に横を駆け抜けるという駆け引きをしてました。