ビバ!ミア・びぃた

心にぐっとくる言葉・名言・作品・時々旅行とか色々

『HONDA~枠にはまるな~』のCMがぐっとくる

calendar

reload

HONDAは本当に毎回心をわしづかみにされるCMを作ってくれます。

このCMは2014年のもので、歴代の名車をイラストで過去・現在・そして未来と、2013年には開発中のF1を描いています。

そして、車にはとどまらず、ジェット機まで!

イラストも何だか引き込まれます。

また、ナレーションの新井浩文さんの声も素敵です。声までもぐっときてしまいます。

2012年の「負けるもんか(プロダクト)」篇のナレーションもされてますね。

スポンサーリンク

「枠にはまるな。(ものづくり)」篇

自分の限界を 自分で決めてないか
過去の常識に しばられていないか

本来 人間は自由の存在だ
自由であるはずの人間が 自ら自由を手放してどうする

所詮 限界も常識も過去のもの
自由な創造を邪魔する過去など 忘れてしまおう

新しい知恵で困難に立ち向かえ 時代の先を行け
今までの枠の中に未来はないのだから

そう僕たちはなんにでもなれる
僕たちはどこへでも行ける

ただただ、心に響きます。

いつも思うんですが「自由にやっていいよ」って言われるとなぜか悩むことがあります。

自由に考える、自由に作るって結構難しいです。

ゼロから作るのは難しい。

周りの目も気にしてしまう自分がいます。そして、パワーも必要だなって思います。

自由に何かをできる人って、きっと基本は持ち合わせてないとできないと思うんですが、その考えが常識という枠だったりするのかな。

とか、ぐるぐる考えてしまいました。

自由に表現したとして、人と共感できなくても、いつかそれが常識になるのか。はたまた、忘れ去られてしまうのか。

とか、ぐるぐる。迷走。

っていうか、そんなことちまちま考えてないで、行動しろ。ってことでもある。

 

ものづくりに限らず、色んなことで常識にとらわれてしまっているなぁ。と思う瞬間があります。

例えばご飯を食べてるとき「この素材にはこの調味料。」みたいな。(変な例えですみません・・・。)

でも、子供とかはそんな感覚がなかったりするから、色んな調味料を混ぜ合わせて、自分好みの味にしてたり、新たなる調味料を開発したりして。ハっとさせられます。

甥っ子が「それ、ご飯にかけるの!?」というような食材を使ってたんですよね。

毎日会うわけではないので余計そう感じるんですが、あの頃より大きくなって、あのころ作ってた調味料はもう作りません。

「あぁ、あの頃の気持ちを忘れたな。もっと自由でいいんだよな。」とか。

徐々に枠にはまっていく成長を見ます。

大人になったなぁ。と感じる反面、少し寂しくなります。

これは例えばだけど、もしかしたら仕事につながるかもしれない。とか考えたり。

CMの内容は、車やジェット機など出てきて規模の大きい話と感じますが、生活の中でも、ものづくりじゃない仕事でも、「枠にはまるな」という言葉は心にとめておきたいです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA