心にぐっとくる本

ぐっとくる『江国香織~落下する夕方~』

こういう、ちょっと変わった恋愛もの。

好きだな。江国ワールド。

難しい本なんか読んでる途中で、同時進行で読んだりします。

癒しですね。私にとっての。

たまに温泉行く感覚です。

なんならずっと温泉に浸かっていたいのですが、、、。

落下する夕方

落下する夕方は1998年に、原田知世さん主演で、恋人役が渡部篤郎さんで映画になっています。

そんなに前!?

と驚きましたが、本は96年って書いてある。

絵本を読んでから映画を見た記憶がありますが、印象に残ってない。

江国さんの場合は言葉にはまっていくので、どちらかというと本の方が心に入ってきます。

やっぱりきれいな言葉。

 

同僚から恋人に花を買うのでつきあって欲しいと言われて

私はつきあってあげることにした。困っている同僚のためではなく、
臆面もなく少女趣味なその女友達のためにでもなく、
かつてそんな風に馬鹿馬鹿しく幸福だった私たちのために。
馬鹿馬鹿しく幸福だった、私と健吾と、そして恋人という残酷な錯覚のために

物語の冒頭で、一緒に住んでいた恋人に出ていくと言われています。

そのことを踏まえてのセリフです。

もう、毒に見えて毒ではない感じ。

もしかしたら、本当に毒づいているのかもしれない。

そんな感じがたまらないです。

馬鹿馬鹿しく幸福、、、。

いや、むしろ幸福とは馬鹿なものなのかもしれませんね。

 

「きのうみたいなこと、不愉快だろ?」と言われ

滑稽な質問だと、思った。不愉快などという感情は、もうとっくに忘れてしまった。
それを感じるべき機能は壊れたままなのだ。

ああ、そうか。そういう風に書けるんだ。

と思った一節です。

感情の事じゃない様に書きますよね。なのにすっと入ってくる。

それを滑稽だと言ってしまうところとかが、この本の主人公らしさが出てて良いんですよ。

 

サマースクールで

最後の夜、花火大会のあと、宿舎にひきあげながら同僚のスティーブが、件の彼女と来年結婚することにしたと打ちあけてくれた。
嬉しそうな、それでいてその嬉しさをかみ殺すような声で、ぬきさしならなくなっちゃって、などと言う。
「おめでとう」
まったくほがらかに私は言った。野の花が功を奏したのかもしれない。
「今度お祝いしなくちゃね」
さっきまでの花火のせいで、空気がまだかすかに煙っている。たくさんの虫の声。
そんなふうに、世の中はちゃんと動いているのだ。
私の人生の外側で。

説明するのにながく引用してしまいました。

主人公は、普通に生活してるんです。スクールの引率や、花火や、会話や。

そういう情景書かれていて、そういう風に見えない。

ちゃんと毎日を送っているのに、このくだりを読むと「止まってたんだ」とわかります。

ちょっとおセンチな自分が出てくるとき、こんな感覚になるなぁって。

新宿の南口の橋の上で、夕日を見ながら。

まあ、そんな時は、私は自分に酔っている時です。

 

本の中にパイ屋が出てくるんです。

気分によってなのか、にぎやかだったり、能天気だったり。というような表現をしています。

パイやを能天気と言ってみたり、毒ずくような場面があったり、かわいらしいところもあったり。

黒柳徹子さんみたい。

 

あと、鼻歌をよく歌うんです。主人公が。

これがまた、知ってる人は知ってるかもしれないというような、アルバムに入ってる一曲だったり、youtubeで検索しても出てこないんですよ。

それは、江国さんが好きな歌手や歌なのかしら?

そういうところも、楽しみながら読める本です。

落下する夕方は、淡々としているので最後までどうなるか想像がつきません。

最後まで読むと、なんとなく心をかき乱されたような気持になります。淡々としていた感情が荒ぶるというか。

主人公の感情がこちらに伝わる作品です。

♦関連記事♦