ビバ!ミア・びぃた

心にぐっとくる言葉・名言・作品・時々旅行とか色々

スイスで電車移動するなら「スイスパス」はあった方が良い

calendar

reload

スイスで電車移動するなら「スイスパス」はあった方が良い

ブログを引っ越してきて記事を書き直しています。

このスイスの情報は2014年のものなので少し古いです。料金設定や休館日がずれているかもしれませんがご了承ください。

スポンサーリンク

スイスパスとは

 

スイスパスとは、スイスの主な鉄道やバス、船、都市の交通機関が乗り放題で利用できるパスです。

また、美術館や博物館もスイスパスで無料になるところもあります。

1都市だけ滞在される方はあまり必要ないかもしれませんが、スイスは物価も高いですし電車賃もバカになりません。

スイス周遊をする場合はスイスパスがあった方が絶対にお得です。楽に移動できます。

私はレイルヨーロッパで購入しましたが、現地でも購入できることを帰国後に知りました。

どうやら多少ではありますが、現地での購入の方が安いみたいです。

スイスパスの種類

 

スイスパスにはいくつか種類があります。滞在日数や乗りたい路線によって使い分けると便利です。

日本でいう特急や快速の乗り放題と新幹線の予約といったところでしょうか。

スイスパスは特急や快速電車の乗り放題と思うと分かりやすいかも。

1-1  スイストラベルパス(スイスパス)

 

決められた期間内でスイス国内のほとんどの鉄道、私鉄、バス、湖船などが乗り放題というチケット。

登山鉄道、ロープウェイ、ケーブルカーなどが50%割引。

美術館、博物館などの多くが無料。(使えないところもありますので確認を)

連続する3日間1等 ¥420002等 ¥25100
連続する4日間1等 ¥481002等 ¥30100
連続する8日間1等 ¥695002等 ¥43500
連続する15日間1等 ¥842002等 ¥52700

 

※料金は変動することもあるので各サイトで確認を※

私はこれの15日間を買いました。

1~3日の間に都市から都市と移動したのと、美術館も回ったのと、別で登山鉄道も購入しました。

スイスの電車はきれいなので2等でも全く問題ありませんでした。

2等だと快速の通常で、1等だとグリーン車って感じなのかな?

1-2  スイストラベルパス(フレキシータイプ)

 

スイストラベルパスのなかに、有効期間が異なる通用日連続タイプじゃないものがあります。それが、フレキシータイプのものです。

1か月の有効期間のうち、使用する日を選べる。というもの。

私鉄、バス、湖船も指定した日のみ。

同じ場所に長期滞在する方にはお勧めです。

1ヶ月のうち3日間1等 ¥457002等 ¥28700
1ヶ月のうち4日間1等 ¥548002等 ¥34300
1ヶ月のうち8日間1等 ¥778002等 ¥48800
1ヶ月のうち15日間1等 ¥925002等 ¥58000

※料金は変動することもあるので各サイトで確認を※

旅行する日にちが分かっていると良いかもしれません。

例えば、毎日移動しないけど数回は特急の電車に乗りたい。そんな方にはフレキシータイプのスイスパスがお勧めです。

1-3  スイス半額カード(スイスハーフフェアカード)

 

1か月の有効期間で連続して、鉄道、私鉄、バス、湖船、さらに山岳交通などが半額になるカード。

スイスフレキシーパスなどと一緒に使うとお得です。

    1ヶ月の有効期間   ¥14500

※料金は変動することもあるので各サイトで確認を※

電車に乗る日程が分かっているものあれば、私鉄やバスもたくさん利用したいという方にはフレキシーパスと一緒に使うと良いかもしれません。

1-4  スイストランスファーチケット

 

スイスの空港、国境駅から目的地までの最短の移動が、1ヵ月の期間で2日間無料になるチケットです。

1都市長期滞在にはお勧めです。また、半額カードなどの組み合わせでお得に。

1ヵ月の有効期間1等 ¥271002等 ¥17000

※料金は変動することもあるので各サイトで確認を※

スイスパスがあれば移動が便利ですが、仕事や1都市長期滞在などで行く人はこちらが良いのかもしれません。

1-5  スイスファミリーカード

スイスパス、スイスフレキシーパス、スイストランスファーチケットを持つ親と同行する子供(6才~15才)は無料になるチケットです。

ご購入の際に一緒に申し込めます。

などなど。色んな種類のカードがありますが、組み合わせ等もできるので、旅のスタイルによって変えられるといいかと思います。

2 スイスの観光列車

スイス観光列車はスイスパスとは別に指定席料金が必要になります。

冬季の運休や夏季の込み具合はそれぞれ違うので、行く前にはチェックしましょう。

2-1  氷河特急(Glacier Express)

 

ツェルマット~サンモリッツまでを結ぶ観光列車

≪停車駅≫

ツェルマット~ブリーク~アンダーマット~ディーゼンティス~クール~フィリスール~ダボスプラッツ~サンモリッツ

 

※夏季などは予約が埋まってしまう可能性があるので、予定が分かっていればはやめのご予約をお勧めします。席も選べるので。

90日前から予約可能です。

ツェルマットからサンモリッツまでは8時間ほど。

スイスパスを使って普通列車でツェルマットからサンモリッツまでは行けますが、確か乗り換えがあったと思います。時間ももっとかかるはず。

私は荷物も多く面倒だったので、8時間ぶっ通しで氷河特急に乗りました。

6月の頭の観光で3月に予約しましたが、すでに席はいくつか埋まってました。

7月に入ると90日前からすぐ埋まってしまうみたいです。予約は早い方が良いと思います。

2-2  ベルニナ急行(Bernina Express)

 

サンモリッツ~ティラノまでを結ぶ観光列車

≪停車駅≫

サンモリッツ~ポントレジーナ~モルテラッチ~ベルニナディアヴォレツァ~オスプツィオベルニナ~アルプグリュム~ポスキアーヴォ~ミララーゴ~ティラノ

 

※スイスパスで乗れますが、指定席の追加料金が必要になります。

ただ、同じ路線を普通列車が走っています。時間もあまり変わりません。

普通列車は予約は必要ありませんが、混む時期ですと満席の可能性もありますので、注意してください。

私はサンモリッツからティラノまで普通列車で往復しました。

普通列車でも問題なくパノラマを眺められますが、混んでて座れなかったら・・・。と考えたら、時期によってはベルニナ急行は予約した方が良いのかな。

2-3  ゴールデンパス(Golden Pass)

モントルー~ルツェルンまでを結ぶ観光列車

≪停車駅≫

モントルー~ツヴァイジンメン~インターラーケン~ルツェルン

 

※スイスパスで乗れますが、指定席の追加料金が必要になります。

この他にも船と列車のカンコウパス「ウィリアム・エクスプレス」や、モントルーからカイエのチョコレート工場を結ぶ「チョコレートトレイン」もあります。

こちらもそれぞれ予約が必要です。

3  スイスの登山列車

山岳地帯の多くに登山列車が設けられていて、スイスパスなどで半額になります。

山登りなどの目的でその場に長期滞在するなどする方はもっているとお得です。

3-1  ユングフラウパス

5~10月のみの販売です。

3日間~6日間の連続があり、スイスパスや半額パスがあると割引になります。

インターラーケンからアイガーグレッチャーまでユングラウフ地区の鉄道やロープウェイなどが乗り放題。アイガーグレッチャーからユングフラウヨッホまでは半額になるチケットです。

3日間  ¥22000スイスパス等で割引 ¥16500
4日間¥25100スイスパス等で割引 ¥19000
5日間¥28100スイスパス等で割引 ¥21400
6日間¥31200スイスパス等で割引 ¥23200

私はグリンデルワルトに登山目的で6日間滞在しました。

天気が良くない日など、インターラーケンまで行って買い物したりしてました。なので、ユングフラウパスはあって良かったかな。

ユングフラウパスは現地で買えないようです。

3-2  ユングフラウVIPパス

インターラーケンからクライネシャイデックまでの3日間乗り放題になり、クライネシャイデックからユングフラウヨッホは1往復できます。

   3日間  ¥25000

3-3  ベルナーオーバーランド鉄道

インターラーケンオストからラウターブルネン、インターラーケンオストからグリンデルヴァルトまでを結ぶ登山列車。

スイスパス保有で無料です。

 

私はスイスパスと氷河特急をレイルヨーロッパで購入しました。

ユングフラウパスもレイルヨーロッパで求められます。

RAILEUROPE:レイルヨーロッパホームページ

※レイルヨーロッパのホームページに「鉄道チケット予約」「鉄道パス」「トラベルマップ」と3つ並んでいます。この「鉄道パス」というところを開いて国を「スイス」に変えると色々なチケットが確認できます。

スイスパスは現地でも購入できますが、ベルニナ急行や氷河特急はチェックしておくと良いですね。

日本で手配しておくと、チケットが送られてきます。そのままそのチケットを見せるだけです。(簡単!)

パスが送られてくるまで2週間ほどかかるので、予定が分かり次第購入した方が安心かもしれませんね。

ツアーなどで行かれる方は、ツアー会社が手配してくれる事もあるので確認しましょう。