ビバ!ミア・びぃた

心にぐっとくる言葉・名言・作品・時々旅行とか色々

ジュネーブからベルン1泊。1日で回った場所

calendar

ブログを引っ越してきて記事を書き直しています。

このスイスの情報は2014年のものなので少し古いです。料金設定や休館日がずれているかもしれませんがご了承ください。

スポンサーリンク

ベルン

ベルンはスイスの首都。

ジュネーブから IC IR で1時間45分ほど(スイスパスで乗り放題)

スイスで電車移動するなら「スイスパス」はあった方が良い

ジュネーブはフランス語ですが、ベルンはドイツ語になります。

ジュネーブから日帰りで来られますが、泊まってみるのもいいですよ!

宿泊施設も駅から近いところにたくさんあるので、大きい荷物でもOK!。

私は1泊して2日目は朝からまた移動したんですが、朝から1日使ってかなり回りました。

ベルンの街並み

旧市街の中心部は歩いて回れる範囲です。

歩いてるとからくり時計台や噴水、橋の上から見た川など素敵なものに出会えます。

泉(噴水?)

ベルン 泉2

水道ができる前は井戸から水を汲んで生活してたんだそう。

ジュピタール通りやマルクト通りと言ったメインストリートの真ん中に建っています。

一つ一つに名前がついています。

ベルン 泉1

全部違うので、それもまた面白いと思います。

水を水筒に組んでる人もいたけど、飲めるのかな?

時計台

ベルン 時計塔

有名な時計台です。作られて800年程経っているそうです。

時間待ちしている方がすごいいっぱいいます。1時間ごとにからくりが出てくるようになっているんだとか。

20分くらい待ったかな。

「時間になったの?」っていうくらい何も起こりません。驚き・・・。

何か動いてたけど、これだけかぁ・・・。という感じです。

私としては、数分間ずっとカメラを構えて集まってる観光客が「え?」ってなって、終わったら苦笑しながら散々していくのがちょっと笑ってしまいました。

キルヒェンフェルト橋から見たアーレ川

ベルン2

キルヒェンフェルト橋だったと記憶してますが違う橋かも。

川沿いにはいくつか橋がかかってて、ベンチが置いてあってゆっくりできます。

私はパンを買って川沿いでランチしました。

大聖堂

ベルン 大聖堂1

時間:10:00~17:00(夏季と冬季、日曜などは時間が変わります)
料金:5スイスフラン

メイン通りを1本入ったところにあって、裏通りを歩いてると大聖堂の入り口が開けているので分かりやすいです。

ベルン 大聖堂3

中は広くて落ち着きます。

塔にも登れるようになってますが、写真がないので登らなかったんだろうな。記憶がない。

記憶がないのは、多分登らなかったからかな。

ベルン 大聖堂2

門の上の装飾も素晴らしい。

どうやら私はデコってるのが好きらしい。いつも感動してしまいます。

今は関係ないけど、スペインでサクラダファミリアを見たときは離れられなかったな。

ベルン歴史博物館(Historisches Museum Bern) 

ベルン歴史博物館1

時間:火曜〜金曜 9:00-17:00(水曜のみ18:00まで)
   土曜・日曜 10:00-17:00
休み:月曜、祝日
料金:アインシュタインムージアムと兼用で18スイスフラン(スイスパスで無料)

ベルンの歴史やスイス全土から資料を集めた博物館。隣にアインシュタインミュージアムがあるので一緒に是非。

市電でも行けますが、私はブラブラと歩いていきました。

15~20分くらいかな。

ベルン歴史博物館2

ベルン歴史博物館3

ベルン歴史博物館4

けっこう見ごたえはあります。

最後の写真の場所はピアノの音が流れていました。

あぁ、中世の人たちはこうやって日常を楽しんでいたのかな。という感じが分かりやすかったです。

アインシュタインミュージアム(Einstein Museum)

ベルン アインシュタイン博物館1

時間:
休み: ベルン歴史博物館と同じ
料金:

ベルン歴史博物館にいったなら絶対に外してはいけません。

アインシタインはベルンの特許庁に勤めてたんですね。知らなんだ~~。

階段はは鏡張りでびっくりします。

ベルン アインシュタイン博物館2

ちょっと酔ってしまいました。

ベルン アインシュタイン博物館3

アインシュタインの部屋やアインシュタインの時代の映像が流れてて、アインシュタインを身近に感じることができます。

上の階に上がると昔の缶詰や電話、トンブローネのチョコレートの型などが展示されています。

これはこれで面白かったです。

私は、理由は分かりませんが好きな博物館です。

なんだろうなぁ。

アインシュタインってベロを出した写真が有名ですが、本当はまじめで大人しくいつも仏頂面だったって話を聞いたことがあります。

そんな人の人生が飾られているからなんだろうか。

自然史博物館(Naturhistorisches Museum)

ベルン 自然史博物館1

時間:月曜 14:00~17:00
   火、木、金曜 9:00~17:00
   水曜 9:00~18:00
   土、日曜 10:00~17:00
休み:1月1日、8月1日、イースターの日曜、12月24日、25日
料金:9スイスフラン(スイスパスで無料)

アルプスで発掘された鉱石や化石、首にウィスキーの樽をつけたバリーなど有名です。

3階建てで広々として、展示の仕方も工夫されていて見やすいです。

ベルン 自然史博物館3

大きさを比較してるんだと思いますが、なぜ新郎新婦?

ベルン 自然史博物館4

これも比較。骨格と本体。

これね、ずっと回ってるんですよ。踊ってるっていうイメージ。

しゃれてます。

ベルン 自然史博物館2

これが有名なバリー。

バリーはバリーの物語として他にもいくつか展示されていて、私が行ったときには紐がかかってて入れませんでした。

「えぇ~」と思って横から見てたら、職員さんが「写真撮って良いよ」的な感じで紐をはずしていれてくれました。

いや、今までもそうだったんですがスイスの人めちゃくちゃ優しいです。

なんかね。穏やかです。こっちまで穏やかになります。

バラ園

ベルン バラ園1

メイン通りからバスに乗って、ニーデック橋を渡って10~15分くらいです。

高台にあるのでベルンの町を一望できます。

残念ながらバラはあまり咲いてなかった。

美術館や博物館はそんなの混んでなかったんですが、バラ園はけっこう人が集まってました。

地元の人が多いのかも。

ベルン バラ園2

ゲームしてました。

ルールが全く分からない。

野球ボールくらいの鉄球を使ってました。的に入れてるのか、人の鉄球に当ててるのか。

ベルン バラ園3

チーズ買い込んで、景色とおじ様たちのゲームをガン見しながらワインを楽しむ。

後で「あ、生ものだし冷蔵庫内から今日中じゃん」と一気食い。

これがなかなかヘビーで、悲しいかな夕食となってしまいました。

 

ベルンは1日でたくさん行きましたが、場所もそんなに離れてないので思ったより時間もかかりませんでした。

アインシュタインの家はいかなかったんですが、博物館は良かったです。

自然博物館も割と好きでした。

他にも見どころはあるので、全部見たいと思ったら1日だと足りないですね。

1泊して2日目は早朝からツェルマットに向かいます。