ビバ!ミア・びぃた

心にぐっとくる言葉・名言・作品・時々旅行とか色々

アンコール遺跡観光~逆さアンコール・ワットを撮るために4時出発~

calendar

ブログを引っ越してきて記事を書き直しています。

このカンボジアの情報は2013年のものなので少し古いです。料金設定や休館日がずれているかもしれませんがご了承ください。

スポンサーリンク

アンコール遺跡群

アンコール遺跡群は、アンコールワットを含むクメール王朝時代の遺跡群です。

アンコールワットに行こうと調べたら、アンコールワットの周りにもこんなに遺跡があるとは知りませんでした。

まず見たかったのはアンコールワットが池に反射してうつる「逆さアンコールワット」。

そして周りにある遺跡群巡りです。

≪アンコール遺跡への行き方≫

アンコール遺跡群は、シェムリアップの町からは5キロほど離れています。

アンコールワット周辺の遺跡も歩いて回るには距離があるので、1日トゥクトゥクをお願いしました。

1日30USドル

多分交渉次第ではもう少し安くなるのかも。

自転車のレンタルもあって、最初は自転車で回ろうかと言ってたんですが、雨季でいつ雨が降るか分からなかったのでトゥクトゥク。

お好きな方には自転車お勧めです。けっこう走ってる姿を見ました。

前日乗ったトゥクトゥクの運転手さんが「明日行くなら時間に待ってようか?」と言ってくれてたんですが、初日にバス停からホテルに乗ったトゥクトゥクの運転手さんに頼んでいたので残念ながらお断りしました。

もうね、最悪。

運転手と喧嘩しました!

途中でガソリンを入れ(途中も何も、乗りこんだ5分後ですよ!)それを請求され、さらに、一日の料金が言ってた料金よりも高かったんです!

くそっ!!何か、小さく悪い事しそうな顔してましたもん!(とか、勝手に決めつけっちゃったりして)

人によるんだと思いますが、相性が悪かった。

それもまた旅のいい所なんですけどね。

ご心配の方は日本からも日本語の予約するのも手です。ガイドも日本語なので安心できると思います。

≪チケット購入≫

入口にチケット売り場があります。

共通チケットで周辺の遺跡も見られます。

1日券 20USドル
3日券 40USドル(1週間のうちの3日、もしくは連続3日)
7日券 60USドル(1ヶ月のうちの7日、もしくは連続7日)

私は2日間行く予定だったので3日券を購入。その場で写真を撮って顔入りのチケットが出来上がります。

写真があった方が良いと聞いていたので、ビザと同じ写真を持っていきましたが必要なかった。

アンコールワット

朝日の中の逆さアンコールワットを撮るために4時に出ました。着いたのは5時前くらいだったかな。

すごい人でした。そして、曇りでした、、、。

アンコールワット1

ちきしょうめ!雨季よ!!

でも、ちょっと幻想的に撮れました。

アンコールワット2

晴れていればアンコールワットの向こう側から朝日が差し込んできます。

ちょっと感動。Tshつにしようと思いました。

しないけど。

まぁ、でも、雨が降ってなかっただけでも良かったです。

アンコールワットの中へ

アンコールワット3

参道を通ってアンコールワットへ

見学時間:5:00~18:00

さらに3回廊は人数制限があり8:00~17:00

しっかり見ようと思ったら2時間は必要だと思います。

※アンコールワットのでの注意

神聖な場所なので露出の多い服装は避けた方が良いとのこと。また、滑りやすいので靴にも気を付けた方が良いです。

朝に逆さアンコールワットを見て、周辺の遺跡も時間がかかるので中の見学は最終日に回したんですが、後回しにしたら時間がなくて3回廊の見学ができませんでした。

バカ!私のバカバカ!!

かなり悔やんだ~。しっかり見ようと思ってたのに見れなかった悔しさ。

着いた時間が16時くらいだったんですが、その時点で最初に3回廊を見学しておけば良かったんです。

参道

アンコールワット10

参道の途中に足跡型に彫られた石があります。

これは「水をたたえるお堀」なんだそう。踏まないように周りに柵がしてありました。

アンコールワット9

参道の外にも建物があり、こちらも見学ができるようになっています。

参道脇から見たアンコールワットもまたカッコ良いです。

1回廊

アンコールワット4

入り口はいるとすぐの十字回廊。

現在水は溜まっていませんが、ここは沐浴のための池だったそうです。

私が見学した時は修復中のところもありました。

アンコールワット5

1回廊の見ものは何といっても長い廊下の壁に彫られた浮彫。

それぞれ意味が合って、一つの物語になってるんだって。

どこを見て良いか分からなくなるほどびっしり描かれています。

アンコールワット6

ハッキリきれいに残ってるレリーフ。所々欠けたり薄くなっている場所もありますが、割としっかり残っていると感じました。

1回廊の廊下は大きく数回崩れていて、危ない状態が続いていると聞きました。

数年後には見られなくなるかもしれない。と言われていますが、それもまた諸行無常なんでしょうかね。

2回廊

アンコールワット8

2回廊に続く階段の柱のレリーフ。

女官なんだそうです。

2回廊は1回廊に比べて質素に感じますが、時々石像が置いてあり見入ってしまいます。

廊下から3回廊に続く中庭が見られるようになっています。

アンコールワット7

3回廊に行くには決まった場所からしか行けませんが、2回廊から見た外観もカッコイイ。

本当に本当に悔しくてなりません。

せっかく言ったのに3回廊い行けなかったなんて!

アンコールワットだけでも2時間ほど見ましたが、ちょっと足りなかったかな。

 

基本的には遺跡は滑りやすいです。特にアンコールワットは階段も多いので気を付けたい所。

運動靴でもコンバースやバンズなどは滑りやすいと思います。

サンダルでもビブラムソ-ルなどもあるので、そういうものの方がお勧めです。